寺カフェ椿

熊本県菊池市、清流が流れる渓谷の寺カフェです。
menu open
menu close
明日は足診断が寺カフェで受けられます

お知らせ

明日は足診断が寺カフェで受けられます

いよいよ足診断のイベントの日が明日になりました!

1日開催しておりますが、17時まで開催しておりますので、少しでも体験したいという方は貴重な機会ですのでぜひお越しくださいね。

私が外反母趾で歩くのも困難な時に、知人から教えてもらい、渡辺先生のお店に伺いました。

先生は私の足ではなく、立ち姿を見て

「関節がゆるい!」

とおっしゃられました。

その時の衝撃が忘れられません。

関節がゆるい?

関節がゆるいなんて、初対面で初めて言われました。

それが良いことか、悪いことか、はたまたどういう意味があるのか。

色々な考えが頭をよぎりました。

その後、足の型を取ったり、足裏、足の指、ふくらはぎなどを触って(施術といいますかね)もらい、私が不眠症であること、冷え性であることなどもわかられました。

そして、私は常日頃から、座る時に、足裏ですが、左足の小指側側面をつけて、親指側側面を上げておくのが楽で、無意識にその姿勢でいることが多かったんです。

それも、関節が緩いことから、(また生まれつきの骨格(左足踝付近に出っ張りの骨があるんです)も言わなくてもわかられました)きているらしく、その姿勢を取り続けることで、体に歪みが出てしまいます。

そのことを教えてもらい、意識をすることからが始まりだと思うんです。

眠る時にも、この姿勢だと眠りやすいという姿勢がありませんか?

それは、体の歪みからきているものかもしれません。

どこかの歪みをかばうために、その姿勢をとっていませんか?

体の歪みは万病のもとです。

このように、自分ではなかなかわからない分野だと思います。

しかし、足は毎日自分の体重を支えて地面に接着しています。

体に歪みが生じた時に、それをかばうためにさらに歪みを生じさせます。

放っておいて治るどころか、日々悪化していってしまいます。

足の専門家である、心強い渡辺先生がいらしてくれます。

技術も驚きの連続ですが、お人柄が本当にステキで、皆様にそれだけでもご紹介したくなります♡

これまで機会がなかった方もこの機会にぜひ体験にいらしてくださいね!